暇な時間が考えることを許してくれる

最近、不思議な思いを抱くことが多い。
土日の時間がゆっくりと過ぎているような気がするというか、土日が待ち遠しいという感情が湧かなくなっている。
数年前までそんなことを思うことは1度もなかった。むしろ早く休日になってくれと日々思っていた。
そもそも仕事に忙殺されていて、土日は大半を睡眠にあてていたし、気が付いたら月曜になっていることが多かった。
それが働き方改革や昨今のコロナによるテレワークの普及によって、仕事に忙殺されることが少なくなってきた。
自分の好きなように使える時間が増えたのは間違いない。
これまでは自分の人生について、落ち着いて考えることもなく、日々追われるように生きていたので、
普通の人間らしい生活になったと喜ぶべきことなのかも知れない。
けれど、ふと自分の人生を冷静に考えられる時間があると、途端に不安にさいなまれる。
このままで良いのかと。
例えば恋愛や結婚。普段の日常生活で全く出会いがない環境で、このまま無為に時間だけが過ぎていく現状を目の当たりにしてみると
何か行動をしないといけないと急かされる。
勢い余って、マッチングアプリなるモノに登録してみたが、いかんせん、今まで真剣に結婚について考えたことがなかったことに加えて
急かされた故に行動のため、どこか乗り気でない自分がいる。
そうは言っても、誰かと接点を持ち、会話をやり取りし出すと単純に楽しい気持ちもあり、
自分の求めているモノに一貫性が感じれなくて、自分がよく分からなくなる。
仕事のキャリアについても考える時間が増えた。
これまでは目の前の業務をこなすことに精一杯で、自分のスキルについて考えることはなかった。
土日の時間が有意義に使えるようになってからは、資格取得に向けて勉強をするようになった。
そこで学んだスキルが業務に直結するかどうかは分からないけれど、
折角使える時間が増えたので、無駄にはせずに有意義に使えていると思っている。
こういった極普通の将来についての人生設計は、普通の人はもっと若いうちに考えているだろうけれど、
私は時間に余裕が出てきた今、やっと考えている。