未分類」カテゴリーアーカイブ

豊かな街には占いが豊富!電話占いで町おこし「デスティニー」

電話占いをされたことはありますか?

占いの中では対面以外にも電話やチャットやメールなど色々な方法があります。その中で電話占いというのは自分の好きな時間にアクセスできて、人気は高まっています。

とても深い悩みをお昼休みや家族が周りにいる中ではしづらいですよね。落ち着いた気分でゆっくりしたいと誰でも思うはずです。

そんなあなたに今回は電話占いデスティニーをご紹介したいと思います。

デスティニーの特徴や口コミをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ではまずは特徴からご説明します!

24時間鑑定可能なデスティニー

3つの鑑定方法

電話占いデスティニーは、3つの鑑定方法があります。

それは電話・チャット・メールでの鑑定です。

電話は鑑定士の声を直接聞いて鑑定してもらえるところがいちばんのポイントですよね。

話を親身に聞いてくれて、鑑定してくれる先生の言葉に癒しを感じたり、適切なアドバイスを直接聞くということは相談者にとっても安心感を味わえるものですよね。電話でも十分にヒーリング効果を感じることはできるのです。

チャットやメールの良さは記録が残るということです。相談したときに元気をもらい頑張ろうと思えてもまた迷いが生じて落ち込んでしまうこともあるでしょう。そんなときに鑑定士の言葉を文字でまた読むことができたら、何度でも思い出し元気をもらえますよね。返信は早ければ1時間、遅くても5日以内で必ず来ます。

初回特典が充実!

まずはHPから入り、無料の会員登録をするのですが、そのときに特典があります。

メール鑑定で使える1,000円Gポイントか、電話・チャット鑑定で使える10分無料です。自分が利用する方を選んでゲットしてください。初回についてはすべての先生に対応します。

さらに鑑定後につくポイントバックが10%になります。100円の鑑定ならば10円バックされます。

嬉しい特典は初回だけじゃない!

まだまだ特典はあるんですよ。初回だけではなく、2回目からも次のようなお得がいっぱいです。

・電話やチャット鑑定で初めての鑑定士を選んだ場合限定で、毎月1回だけ10分間無料サービスがあります。

・毎日Gポイントバック還元サービスもあります。(例:100円の鑑定で3Gポイントバック、1Gポイント=1円換算)

・利用料金の蓄積によって会員が5つにランク分けされます。そのランクによってポイントのプレゼントが違ってきます。

ブロンズ会員⇨500円分のGポイントプレゼント

シルバー会員⇨1,000円分のGポイントプレゼント

ゴールド会員⇨3,000円分のGポイントプレゼント

プラチナ会員⇨5,000円分のポイントプレゼント

ダイヤモンド会員⇨10,000円分のGポイントプレゼント

・お誕生日のポイントプレゼント

お誕生日当日に豪華なポイントがプレゼントされます。

他にもメルマガ会員特典やメール通知を受け取ってさらにお得になったり、季節限定のキャンペーンもその都度あるようですので、チェックしてみてくださいね!

支払いは先払いがお得!

料金は先払いするとボーナスポイントがつき、とてもお得です。

これは毎回のことなので、リピーターには嬉しいポイントチャンスですね。

例えば、10,000円先払いすると、700ポイントがプラスされ10,700円の利用ができます。

50,000円先払いすると7,000ポイントがプラスされ57,000円の利用ができ、金額が上がるとそれだけボーナスポイントが上がります。

さまざまな使い道、GOLDポイント!

前にも書いているGポイントとはGOLDポイントの意味ですが、1GOLDポイントは1円に換算され、貯まったポイントは鑑定料に使えます。ですからリピーターになると結構お得に鑑定してもらうこともできますよね。

豪華なプレゼントの交換もいずれできるようです。(現在は準備中なのでプレゼント交換はまだできません。)

「デスティニー」で人気の占い師を紹介

デスティニーの鑑定士の中でも人気のお二人をご紹介しましょう。

HPにも詳しく出ていますので、ぜひ参考にしてください。

芸能人を占った経験もあるアーニャ先生

アーニャ先生の声に癒さられる人は多いようです。とても明るくて、物腰も柔らかなところが人気でメディアにもよく出ていて有名です。

占星術もタロット、オラクル、数秘術、算命術など色々用いて、あらゆる角度から鑑定してくれます。じっくりと話を聴いてくれて、悩んでいる心を開放してくれると同時に心を鎮める呼吸法や瞑想法なども教えてくれますので、アーニャ先生と話した後、とても気持ちが楽になるという人が多いのです。

それだけ聞いても一度お願いしたいと思ってしまいますね。

占い歴30年のベテランハニエル先生

ハニエル先生は、スピリチュアルタロットが得意ですが、他にも九星気学、数秘術、四柱推命、など様々な占星術を使います。

占い師の中ではベテラン中のベテランで30年のキャリアを持っています。

先生曰く、過去が現在のあなたを作り、現在の魂の癖(思考や行動)が未来を作っていきます。ですからちょっとしたきっかけで気持ちや行動が変われば、未来も変わるそうです。そして先生は幸せな未来を見据えて鑑定をしてくれます。

ハニエル先生はとても優しい口調で的確にアドバイスしてくれます。

恋愛については男性の視点からも話してくれます。やはり男性だから同じ男性の気持ちもわかることがありますよね。それを聞いた相談者は眼からうろこなんてこともあるようです。

また、仕事運についても景気や経済の行方も話しながら適切なアドバイスをしてくれるので、現実的な鑑定とアドバイスをしてくれます。

「デスティニー」の口コミ

・初めてでしたが、とても寄り添ってくださり心地良かったです。電話なので自分が早口になってしまいましたが、否定されずにしっかりと受け止めてくれてうれしかったです。

・優しい先生でした。でもはっきり言われたところは自分にとって良かったです。また相談させてください。

・ネガティブな自分に優しく大丈夫!と言ってくださり、まずそこがうれしかったです。

・日々前向きに生きるヒントを沢山もらえて明るくなりました。ありがとうございました。

・先生にお電話するのは久しぶりでしたが、声を聞いてとても落ち着きました。そしてエネルギーもいただきました。

・丁寧に鑑定していただきありがとうございました。的中率も高くてびっくりしました。また悩んだ時はよろしくお願いします。

・鑑定が早く、ストレートに話してくださり、とても気持ちよく感じました。ありがとうございました。

・最近嫌なことばかりで、先生の声が聞きたくなりました。とてもすっきりした気分になりました。

本当に多くのメッセージを皆さん鑑定が終わった後に先生に送っています。とても前向きになれた人が多くて、そしてリピーターも多いようです。

電話占い「デスティニー」の特徴まとめ

電話占いデスティニーは、鑑定の方法も色々あり、特典も多く、とても人気があります。

どの方法でも24時間いつでも受付けてくれるところです。深く悩んでいる人、ちょっと最近元気が出ないなあと思っている人、あの先生の声が聞きたくなったなど理由やきっかけはさまざまですが、1人で悩んだり、悶々としないで相談してみるのは良いですよね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:当たる電話占いおすすめ人気ランキング!占い師も紹介・無料あり (gypsee.jp)

久々の休日、やっとゆっくり寝る事が出来た。

職場のパワハラのストレスから、毎日眠れない日が続き、ひどい日には一睡もできずに出社。寝れても一日2時間程度の睡眠時間しかとれない日が続いた。精神科で貰った精神を落ち着かせる薬を飲んでいた頃は、薬のおかげで睡眠時間を確保できていたが、嫁から飲むなと薬を取り上げられてから、また眠れない、頭が全く休まらない日が続いている。最近、ベッドに行くのが億劫で、寝なきゃいけないと思ってしまい、余計に寝れなくなる事が嫌に感じていた。昨日、友人と久々にバーベキューに行き、仕事の悩みや家庭の悩みなどを相談させてもらった事が良かったのか(誰かに話せた事が発散になったのか)、夜中の2時に就寝し、お昼の12時まで熟睡していた様子で、約10時間も眠れた。久々にこんなに寝たのにで、頭がぼーっとしている。そうか、これが自分の普通の感覚なのか、、、っと今は感じている。ストレスで過度な緊張状態にある時は、本来の自分がどんな人間なのか、どんなことに楽しみを感じていたのか、リラックスの仕方がどんどん分からなくなって壊れてくる。休日のオンオフも自分で出来なくなって、24時間常に脳が働き続ける、戦い続ける錯覚に陥る。なにもかも忘れて、寝る、そんな昔は簡単に出来ていたことが、今は出来なくなっている。生きているのが辛い、、消えたい、と思う事は最近常に感じており、倒れたら仕事辞められるのにな・・・とふと弱音が頭をよぎる毎日だった。誰も助けてはくれない、世の中とは世知辛いのだ。がっつり寝れた今は、なんだかぼーっとしている。仕事の事なんかどうでもいい、そう思えている。ちょっとは冷静になれてるのかな。早く転職先見つけて、今の仕事を辞めよう。パワハラで寝れないくらい悩むなんて、ばかげている。今日は、辞表を書こう。今の自分の状態をノートに書いて、説明できる様にまとめておこう。その前に嫁を説得しなきゃな。あと2月で子供が生まれるのに、無責任と思われるかな。でもそうしないと、自分が嫌いになりそうだ。

気分よく過ごすために

最近の私はパソコン作業時に、カフェミュージックを聴いています。
自宅に居ても、カフェにいるような気分になれます。

音楽はモチベーションを上げるためにも有効だと思います。
家事の時間はもっぱらラジオを聴いていますが、パソコン作業でラジオは聴かないようにしています。
その理由はパソコン作業だと集中力が必要なので、ラジオの情報が邪魔になってしまうからです。

昨年まではテレビ番組をたくさん見ていた私ですが、今ではネット動画を観る方が増えました。
テレビ番組は夕食の時くらいです。

その分、テレビで時間を取られることが無くなりました。
テレビが悪いという訳ではないのですが、やはりついながら見をしてしまうので、時間があっという間に過ぎてしまいます。

今までの私はテレビが娯楽の一つでした。
なので、毎晩のテレビが楽しみだったのですが、今ではその感覚が無くなってきているように感じています。

それはテレビ以外にも娯楽が増え、特にネットは内容がバリエーション豊かですし、自分の観たいものを選ぶことが出来るのが良いのでしょう。
その為、生活習慣も受動的から能動的に変化してきています。

今まではやらなければいけないというマストの状態で動くことが多かったのですが、最近ではやりたいというウォントの状態で動くことが増えたように思います。
ウォントなのでやらなくても良いのかもしれません。

ですが、やらないと何か気持ち悪いと言うか、嫌な気分になるので、やはりやる方向に進んでしまっているようです。
これからもウォントで動くことが増えていくことが多くなると思いますし、そうしていきたいです。

マストで動いてばかりいると、どうしても不平不満が増えてしまいます。
すると、ストレスが増えてしまいますし、成果もあまり出ないような気がします。

ウォントで動くことが増えれば、ワクワク感や楽しいと言う気持ちが多くなるでしょう。
そういう毎日を過ごしていきたいので、これからも能動的にウォントで動いていきたいです。

韓国ドラマ目が離せない

私見て良かったのは韓国ドラマのタイトルは「ヘチ 王座への道」です。内容はグムは妓楼で謎の男性だと思い殺しを偶然見かけるのです。グムは男装した娘が襲い掛かり首の入れ墨が殺主(サルチュ)と分かり主を殺すのはどういう意味と言ったら女の子が見ず知らずの男性に私を殺せと言って覚悟ができてると話すのです。グム本人が女の子と思わずここで男装と見抜いたのです。ビョンジュはグムが高官を殺したと思ったのです。大勢の高官たちが副長官と世弟と殺されたのがオ持平(チピョン)と分かるのです。ビョンジュは大勢の高官たちに下がるよう命じるのです。殺人事件の現場で何一つ一切触れてはいけないと叫ぶのです。そして今すぐ世弟を捕らえるように言うのです。グムは殺人事件の場で混乱をするのです。ヨジは縄で刺客の女性が小形のナイフでよい闘いぶりを見せるのです。妓楼の主が部下の耳打ちでやばいと思って主本人が部下に退けとケガしてると無事難をのがれるのです。ヨジはムンス様の腕のケガを見て大丈夫と声をかけたのです。アボンがムンス様とヨジに世子様のことで大変と走ってやって来るのです。ビョンジュが他の高官たちに世弟様を捕らえるのに皆困惑してグム本人がそれを察知して副長官に私に触れるなと怒るのです。妓楼で一人の高官を殺した少女は普通の庶民の格好に着替えて柱に手には血がついて見知らぬ男性が連行されるのを見て困惑したのです。夜中にイ・グァンジャが世弟が司憲府に捕らえられたと他の一人の高官に聞いたのです。内官が王様に世弟様が捕らえられたのは事実と知らせるのです。ユンは内官に世弟は今司憲府にいると聞いたのです。世子ビン驚いて仁元王妃も王様の前で世弟のことを聞いてやってくるのです。ケガした男性がタルムンに世子様が殺しなんてどうなってると怒るのです。タルムン本人がケガした男性に詳しいことは分からないと言うのです。ケガした男性がしかしいくら何でも世子様を連行するのは納得しないのです。タルムンはケガした男性に相手は司憲府と怒鳴るのです。高官を罷免し王族を罰せる者たちなのです。目の前で仲間を殺されたのです。司憲府が非力な世弟様を恐れると聞いたのです。大勢の部下が集まり大司憲様に挨拶をするのです。アボンはムンス様とヨジにどうなってると聞いたのです。チャンダルがムンス様にあの妓楼に世弟様がいた理由を聞いたらムンス本人がチャンダルに我々のためと答えるのです。ムンスが私とヨジに危険だと知らせに来てあんな目に遭ったのです。ムンスが怒って殺しはあり得ないと自信を持って話すのです。ヨジがムンス様に私が世弟様に会ってくると話すのです。チャンダルがヨジに外は司憲府の兵だらけと止めたのです。ヨジはチャンダルの言葉にこのまま黙ってろと怒りをぶつけたのです。ヨジはチャンダルに世子弟様が捕らえられた理由が分からないと興奮するのです。

韓国ドラマ特集続くよ

私が見て良かったのは韓国ドラマは「王になった男」です。内容はハソンは書斎で「東医宝監」がついに完成したと大臣たちに言うのです。今度はオンブン版も作るというのです。民にも広めたいのです。大臣の一人が王様にそれは無駄と反論をするのです。もう一人の大臣が王様のご配慮を民は理解しないと言うのです。もう一人の大臣のキソングンは民が毒花を食べて腹痛を起こすのを防ぐことができるのです。もしやクロフネツツジを食べたことがあると2人の大臣に聞くのです。下手すれば死ぬのです。ハソンはキソングンの意見に賛成なのです。「農事直説」のオンムン版も作り民を救うのです。夜中まで書庫でハソンは書状を見るのです。チョ内官が王様と言って顔色が悪いと気になるのです。昨夜も徹夜でしたので今日は早く休みように言うのです。ハソンはチョ内官に報告書が山積みだから休めないと言って私は大丈夫だからチョ内官に少し休めと気遣うのです。ハソンは疲れて書庫で寝るのです。ソウンは一人で書庫にこっそりやってきて王様の顔を触るのです。ハソンはキソングンと一緒に畑で種まきをしてる民の所にやってくるのです。ハソンはキソングンに私の代わりにあの中の誰かが王になっても何の問題もない国が真のいい国なのです。キソングンは王様に私と一緒の考えと賛同するのです。王は朝廷の論議を裁可して結果に責任を負うだけと自分の意見を述べるのです。むやみに権力を振りかざしてはいけないのです。それが実現できてこそ民が苦しまない皆が幸せに生きられると夢を語るのです。朝廷で礼曹判書が王様と一番初めに声をかけて王様の治世は太平の御代ですがお世継ぎがいないのが気がかりと言い出すのです。ハソンが礼曹判書に心配をかけてすまないと謝るのです。戸曹判書が王様にまだお若いと元気づけるのです。新しい側室を迎えることをすすめるのです。王妃様も反対しないと言うのです。朝廷でチョ内官も王様が悩んでると分かるのです。一人ハソンは宮殿の外を眺めて考えるのです。大殿で王妃は王様に私は側室を迎えるのは反対じゃないと話すのです。ハソンは王妃に私が望んでいないのは分かってるはずなのです。ソウンは王様に私は子供を産めない体と分かってるのです。治世のためにもお世継ぎは必要なのです。ハソンは王妃にそれなら心配は無用と言うのです。後継ぎは決まっているのです。王妃は驚いて王様に誰と聞くのです。そうしたらハソンは王妃にキソン君と言うのです。キソン君に譲位すると決めたのです。ハソンが王妃に私は自分の子を王にするもりはないときっぱり宣言するのです。これまで王子たちと親交を深めてきたのも後継ぎを探すためなのです。キソン君なら王にふさわしいのです。ソウンは王様にいつからそんなことを考えてたと明るく笑顔で知らなかったのです。ハソンは悲しそうな目で王妃に多くの人の死を無駄にしないようにと必死に力を尽くしたがつらかったのです。

我が家のかわいい子供たち

プチ反抗期真っただ中の女の子と甘えん坊な男の子。

コロナで学校行事も地域の行事もほとんどなくなり思い出らしい思い出がなかった一年でした。
特に中学年の娘は社会科見学など大きい行事がなくなってしまい、「一番楽しみにしてたのに!」と大騒ぎ。

息子は年長~一年生にかけてのコロナ禍でこれまた卒園式、入学式などが短縮になったり、
参観日もなく学校生活を楽しんでいる様子を一度も見ることがありませんでした。

それでも毎日帰ってきたら競うように学校での出来事を話してくれる子供たち。
今日はこんなことあったよ!こんなことしたよ!と楽しそうに話してくれるのを聞くのが毎日の楽しみです。

入学したてのころは友達とちゃんと遊べるだろうか、学校生活を楽しめるだろうかと、
勉強についていけるかよりも友達と楽しく学校生活を送れるかを心配し、
まず帰ってきて聞くことは今日は何して遊んだの?誰と遊んだの?でした。
今日は別の子と約束したから遊べないーや、○○くんがダメっていうから仲間にはいれないなど、
様々なことがあり泣きながら帰ってきたこともありましたが今ではいれてー、いいよーがスムーズにできるようになりました。

小さい頃はどこに行くにも一緒に楽しんでいましたが、
今では行きたくない!家にいる!という娘。
近場だと楽しくない、遠出でも車酔いすると外出を嫌がるようになりました。
さらに、最近友達と遊ぶ約束をするようになり今後ますます一緒の外出がなくなります。
寂しいけれどこうやって親離れしてくんだなーとしみじみ感じます。

片や息子はまだまだ甘えん坊。
女の子より手がかかるし動きは活発だし何考えてるのか分からないしでイライラすることも多いですが、
笑顔と寝顔ですっかり帳消しです。

これから年齢が上がるにつれて今とは別の悩みや苦労が出てくるだろうと思いますが、
それも含めて子育てを楽しめればいいなーと思います。
今はイライラしたら昔の子供たちの動画や写真を見て癒しを求める毎日です(笑)

暇な時間が考えることを許してくれる

最近、不思議な思いを抱くことが多い。
土日の時間がゆっくりと過ぎているような気がするというか、土日が待ち遠しいという感情が湧かなくなっている。
数年前までそんなことを思うことは1度もなかった。むしろ早く休日になってくれと日々思っていた。
そもそも仕事に忙殺されていて、土日は大半を睡眠にあてていたし、気が付いたら月曜になっていることが多かった。
それが働き方改革や昨今のコロナによるテレワークの普及によって、仕事に忙殺されることが少なくなってきた。
自分の好きなように使える時間が増えたのは間違いない。
これまでは自分の人生について、落ち着いて考えることもなく、日々追われるように生きていたので、
普通の人間らしい生活になったと喜ぶべきことなのかも知れない。
けれど、ふと自分の人生を冷静に考えられる時間があると、途端に不安にさいなまれる。
このままで良いのかと。
例えば恋愛や結婚。普段の日常生活で全く出会いがない環境で、このまま無為に時間だけが過ぎていく現状を目の当たりにしてみると
何か行動をしないといけないと急かされる。
勢い余って、マッチングアプリなるモノに登録してみたが、いかんせん、今まで真剣に結婚について考えたことがなかったことに加えて
急かされた故に行動のため、どこか乗り気でない自分がいる。
そうは言っても、誰かと接点を持ち、会話をやり取りし出すと単純に楽しい気持ちもあり、
自分の求めているモノに一貫性が感じれなくて、自分がよく分からなくなる。
仕事のキャリアについても考える時間が増えた。
これまでは目の前の業務をこなすことに精一杯で、自分のスキルについて考えることはなかった。
土日の時間が有意義に使えるようになってからは、資格取得に向けて勉強をするようになった。
そこで学んだスキルが業務に直結するかどうかは分からないけれど、
折角使える時間が増えたので、無駄にはせずに有意義に使えていると思っている。
こういった極普通の将来についての人生設計は、普通の人はもっと若いうちに考えているだろうけれど、
私は時間に余裕が出てきた今、やっと考えている。

暇つぶしにしていること

妊娠中なので時間だけは余っていて、最近はずっとアニメを見ています。
ブラッククローバー、進撃の巨人、七つの大罪、呪術廻戦、鬼滅の刃、ログ・ホライズンなどアクション系を中心に見ています。
一人目の妊娠中もとにかく暇でアニメばかり見ていました。  

後もう一つ、インスタやツイッターなどで行う懸賞にハマっています。
いいねやリツイートするだけなのではがきなどに比べて簡単に応募できます。
今初めて一ヶ月半ほどですが、野菜やアマゾンギフト券や地方の特産品などが当たっています。
いつか旅行や高級な海鮮やお肉、家電などを当てたいです。
毎日宝くじを買っているような感覚で、ワクワクしながら応募しています。
懸賞用のアカウントを作ったのですが、応募するだけでなく
いろいろな地方の方とつながることができ、
その土地の特産品などを知ることができて、旅行したい場所がどんどん増えています。コロナがなくなったあと、色んな所に行きたいです。

そしで臨月なので運動をしなければ‥と思うのですが
腰痛があり布団から出るのが億劫です。
横になりながらできる運動もありますが、限界があります。

家事は一応しているのですが調理や皿洗いなどで一時間ほど立つのがしんどいです。
腰だけでなく太ももが重くなってきて、立っているのが辛いです。
まだ生産期ではありませんが、早く生まれてくれないかな‥と思ってしまいます。

コロナがなければどこかにでかけてそのついでに歩くことなどもできますが、
私の住んでいるところは緊急事態宣言が出ていて、夜も早くお店はしまってしまうし
妊娠九ヶ月でコロナになったとしたら帝王切開になる可能性があるため
不用意に出かけられません。

妊娠前はコスメが好きで良く新宿に買いに行っていましたが、
今は外出すらあまりしないので化粧をする機会も減りました。
上の子の保育園の送り迎えくらいです。
洋服もマタニティーしか着れず、おしゃれも楽しめないので外出できたとしても、あまり楽しくないでしょう。

家にこもるのに慣れた。

新型コロナの影響で外出を控えることになった上に営業時間短縮による仕事する時間が減って給料も減った。さらに緊急事態宣言による飲食店の20時までの営業自粛。仕事が終わるのが早くても20時なので唯一の楽しみだった仕事後の飲食が出来なくなった。なので家で夕食を食べることが多くなり、必要最低限の外出のみを除いて外に出ることが無くなった。給料が減ったので外食しずらいので丁度よかったが、月に一度は贅沢したいのにできないのは辛い。もともと家にこもるインドア派だったので苦ではないけど家に引きこもってると何だかダメになって行く気がするのがなんか嫌だな。家で居る時はほぼパソコンの前で動画を見ながら作業をしたり、たまにスマホをいじって漫画を見たりゲームをしたり。しかしやる気が無くなっていつの間にか布団にもぐって昼寝をしたりしてぐうたらする日々が続いている。恐らく新型コロナが収束する事は難しくて、仮に終息したとしてもいままでとは違った生活様式を築いていかないといけないと思うとちょぴり憂鬱です。しかし、収束しないよりかはマシなので出来る事なら収束して欲しい。新型コロナについてはなるべく話題にあげないようにしているが好きな事を書いていいという事なので書きなぐってみる。新型コロナに乗じて胡散臭い商品がいっぱい出ているのはどうなんだろうか。特に空気除菌系。日本では何故かCMをしていれば安心とか思う人がいるみたいだが、詐欺まがいしていた商品を売っていた会社は大々的にCMなどの広告費を費やしていてCMの商品などは気を付ける必要がありますね。あとは新型コロナの正確な情報を手に入れることが意外と難しい事。実態が分からないことがあるせいでもあるが国が正式にアナウンスしてくれればいいのにその発信方法がイマイチなのか間違った情報が結構あったりしてビックリする。あともっと危機感を持ってほしい人がたくさんいる事。無駄な外出は控えるべきなのに全然実行していない人が多すぎる。新型コロナはとても恐ろしい病気なのでしっかり家にこもるべきだと思う。自分は引き続き家にこもれるときはこもってじっと耐える。

永久タブーの3大発明品

時代の変化と技術の進歩によって、現代人の生活はますます便利になってきている。
昔は治らなかった病気も特効薬ができ、寿命もますます長くなっている。

ふと思った。本当にそれでいいのだろうかと。
コロナ禍の中でも経済優先などと考えている政治家がいるぐらいなのだから、
経済を回すために意図的に発表されていない製品があるような気がしてならない。

職業がら、携帯の進歩によりATMが売れなくなったことによって、
関連パーツを生産していたメーカーの経営状態が落ち込んでいるのをよく耳にする。

せっかくなのでふと思いついた3大タブー発明を記念に残しておこう。

①ハゲを治す薬
育毛剤や植毛などがあるが、本当にそんなもので完全に治るならこの世の中にハゲがいるわけがない。
でも前に何かで聞いたことがあるような気がする。
もしもハゲを治せる薬ができてしまったら、ワラにもすがる思いで育毛剤等を購入している人たちの巨大市場がなくなってしまう。
それを許すまいと本当は存在するハゲ完治薬が闇に葬り去られてるのではないだろうか?

②翻訳こんにゃく(ドラえもんより)
仕事上海外の人とやり取りをすることがあるので、もしも全世界が共通語使用だったらどんなにいいものかと思うことがある。
でも、外国語でやり取りをしていることで自分の中になんらかの満足感があることも否定はできない。
いずれにしても全世界の言語を統一することなんて不可能で、言葉の障害というものは間違いなく永久に続いていく。

海外旅行に行く際にはポケトークを持っていくようになったが、結局出すのと翻訳を待つのが面倒で身振り手振りで済ましてしまうことがほとんどだ。
現地の言葉がしゃべれたらいいのにと何度も思ったこともあり、かじる程度で何か国語か学んだこともあるが、結局完全に身についたのは中国語だけ。

しかしよく考えてみると、翻訳こんにゃくができてしまったら、当然学習塾が不要になり、先生も職を失い、関連の本も一切必要なくなる。
それだけでなく、自分のような一部通訳で飯を食っている者も不要になる。
そう考えると恐ろしい発明だ・・・世界を滅ぼす可能性すらあるので、やはり今以上の翻訳機能は世界レベルでタブーとされる製品なのではと思ってしまう。

③どこでもドア(再びドラえもんより)
どういう技術でできるようになるかは不明だが、結果は火を見るよりも明らかで、これができたら運送業界も旅行業界も全滅である。
昔のSL等と同じように、あえて飛行機を楽しみたい人のための飛行機になってしまう。

みんなが心の底から欲しいと思っているものは完成してはいけない、それが真実なのだろう。